亜麻仁油

亜麻仁油の情報あれこれ

カテゴリ: 亜麻仁油

ブログネタ
癒し・美しく に参加中!

製造方法による良い亜麻仁油の選び方

話題の美容アンチエイジング健康オイル、亜麻仁油はテレビや雑誌でもその効果が報道されて人気が広まっていますが、デリケートな製品のため亜麻仁油の選び方が重要になってきます。油が酸化してたりすると逆効果ですから安心できる製法で作られた亜麻仁油を選びましょう。

まず一般的な油の製造工程を紹介します。

油の製法その1
油の製造方法
圧搾・抽出・脱ガム・脱酸


油の製法その2
油の製法
脱色・脱ロウ・脱臭・充填

一般的なオイルはこのような工程で製造されます。高温で種子を膨張させたり、溶剤抽出で抽出するとより多く油が取れるので企業は喜ぶのです。しかし温度が最大200℃まで温度が上がるためトランス脂肪酸が発生します。また化学溶剤のノルマルヘキサンをはじめ、リン酸、シュウ酸などを使用しますし、ビタミンEなどの栄養素も減少しますから、美容健康に好ましくない油になってしまいます。
とくに油を高温抽出や化学溶剤抽出を行うと脂肪酸は安全なシス型から有害なトランス型(トランス脂肪酸)に変化してしまうので注意が必要です。

次に亜麻仁油の製造方法です。

亜麻仁油の製造方法

亜麻仁油には大まかに2種類の製造法があります。それは圧搾後に脱酸、脱色、脱ロウ、脱臭、精製などを行った亜麻仁油と、圧搾後に未精製の亜麻仁油です。

原料は亜麻仁種子の一番絞りの油であっても、脱酸、脱色、脱ロウ、脱臭などの過程を通した亜麻仁油は、果たして本来の栄養を保てているのでしょうか。疑問が残ります。亜麻仁油の栄養をできるだけ摂取するのに一番良いのは、そのままの油を摂取することです。それには亜麻仁種子を搾って未精製でそのままを製品化することなのです。


高品質な亜麻仁油の製法
未精製の亜麻仁油 製造方法
とくにポイントは未精製です。コールドプレス(低温圧搾)で搾油した後に、脱酸、脱色、脱ロウ、脱臭などを行わずとも、精製をかけている商品もあるためです。精製されてしまった亜麻仁油は味も薄く、匂いも無く、色も透明に近くなります。食べやすさが重視され、安全性や栄養素の観点が犠牲にされている可能性があります。

精製などを行った亜麻仁油と、圧搾後に未精製の亜麻仁油
精製と未精製の亜麻仁油

しかし、脱酸、脱色、脱ロウ、脱臭、精製をかけてしまった亜麻仁油をどうやって見分けたらよいのでしょうか。ほとんどのボトルには記載されていません。
この製造方法から亜麻仁油を選ぶ方法としては、低温圧搾で未精製の亜麻仁油を選ぶと良いでしょう。未精製の亜麻仁油は、精製だけではなく脱酸、脱色、脱ロウ、脱臭もしていません。

亜麻仁油は未精製の製品を選びましょう。また、圧搾が低温であることやトランス脂肪酸を含まないことを明記してある製品のほうがより安心です。


亜麻仁油情報 


亜麻仁油
雑誌で栄養士さんオススメ有機亜麻仁油
はてなキーワード 亜麻仁油

無農薬 未精製カナダ産亜麻仁油 正規販売店
無農薬 未精製カナダ産亜麻仁油 楽天正規販売店

wikipedia アマ
日本アマニ協会
亜麻仁油

有機亜麻仁油 未精製 ニュージーランド産 正規販売店
有機亜麻仁油ニュージーランド産 未精製 楽天正規販売店


医師がテレビ番組でおすすめ 亜麻仁油 選び方と食べ方

ブログネタ
通販で買う食べ物、ありますか? に参加中!

亜麻仁油の選び方

ハーブの健康オイル、亜麻仁油は美容健康、アンチエイジング、脳、アレルギー対策に必須、認知症予防になどテレビでも報道されて日本でも人気が広まっています。この亜麻仁油ですがデリケートな製品のため亜麻仁油の選び方が重要になってきます。油が酸化してたりすると逆効果になってしまうのです。安心できる製品を選びましょう。

亜麻仁油

亜麻仁油の選び方

  • 遮光黒ボトルで酸化を防ぐ
    光の紫外線の影響を防ぎ酸化を抑えます。酸化した油は体を酸化、老化させますから健康に害を与えてしまいます。
    亜麻仁油は酸化に弱い油ですから遮光黒ボトルでないといけません
    これは亜麻仁油だけでなくエゴマ油なども同じです。
  • 安心で体に負担をかけないために
    オーガニック 有機JAS 無農薬 保存料など無添加、低温圧搾のアマニユを選ぶ

  • 亜麻仁油の栄養を壊さないために
    化学溶剤による栄養抽出は避けて低温圧搾で未精製の亜麻仁油を選ぶ。精製した亜麻仁油は栄養が減ります。
    これらの条件を満たした亜麻仁油は美味しく美容健康アンチエイジングに役立つでしょう。

亜麻仁油情報 


亜麻仁油
雑誌で栄養士さんオススメ有機亜麻仁油
はてなキーワード 亜麻仁油

無農薬 亜麻仁油 正規販売店
無農薬 亜麻仁油 楽天正規販売店

wikipedia アマ
日本アマニ協会
亜麻仁油

有機亜麻仁油ニュージーランド産 正規販売店
有機亜麻仁油ニュージーランド産 楽天正規販売店


医師がテレビ番組でおすすめ 亜麻仁油 選び方と食べ方

ブログネタ
ダイエットにはこんな方法もあった に参加中!

亜麻仁油

亜麻仁油はハーブ健康オイルでフラックスオイルとも言われています。主に欧米で利用されていましたが、今は美容健康、アンチエイジング、脳、アレルギー対策に必須ということで、日本でも人気が広まっています。

亜麻仁油

亜麻仁油とは


亜麻仁油はフラックス、亜麻という植物の種子(フラックスシード)を搾って作られています。健康に必要なEPAやDHAのもとになるオメガ3系脂肪酸の1種、αリノレン酸やビタミンA、ビタミンB、ビタミンEが豊富な油の王様とその栄養価が高く評価されています。


亜麻



亜麻仁油の栄養効果


αリノレン酸などのオメガ3脂肪酸は厚生労働省による日本人の食事摂取基準についてでも摂取を推薦されています(オメガ3脂肪酸=n-3系脂肪酸として)。油ですが悪性コレステロールにはなりません。αリノレン酸は体内でホルモンや細胞膜を作るのに必須の栄養素なのです。さらさら血液成分としても知られ、体を温めてくれたり、睡眠を促してくれるとも言われます。

亜麻仁油のアレルギー対策

加熱できる植物油は、オメガ6という脂肪酸が主です。オメガ6とオメガ3はお互いにバランスが取れていないといけないのですが、植物油を過剰に摂取している現代人はオメガ6が増えすぎて、炎症を起こしやすい体質となりるのでアレルギーが増える原因にもなっています。そのためオメガ6とバランスをとるようにオメガ3脂肪酸を多く含む製品を摂取することでアレルギーを減らすことができるのです。

亜麻仁油の特徴

亜麻仁油は加熱や紫外線に弱く酸化しやすいため、加熱調理はできません。
また保存も遮光がしっかりした黒い容器に入れる必要があります。透明ボトル入りは光で劣化し酸化しやすく味も健康にも悪くなるので避けましょう。

独特の風味があるため苦手な方もいますが、実は品質によっては味が異なり美味しいものもあります。酸化したものは食べてはいけません。

亜麻仁油の食べ方

亜麻仁油は加熱せず生のまま食します。ドレッシングにしたり、そのままスプーンで飲む方もいます。
納豆や味噌汁に入れたりすると美味しいです。
健康に良いものなので、安心できる製品選びも大切です。

亜麻仁油を選ぶコツは

オーガニック
有機JAS
無農薬
保存料など無添加

安心で体に負担をかけません。

低温圧搾
未精製

低温で搾った油は栄養が壊れず余計な成分を含みません。
化学溶剤による抽出は避けましょう。美容健康に悪い成分を含む可能性があります。
精製した亜麻仁油は栄養がガクッと減ります。未精製の亜麻仁油が良いです。

遮光黒ボトル

光の紫外線の影響を防ぎ酸化を抑えます。酸化した油は体に最悪です。
亜麻仁油を選ぶにはこれらがキーワードとなります。

この条件を満たした亜麻仁油は美味しく美容健康アンチエイジングに役立つでしょう。

亜麻仁油情報 


はてなキーワード 亜麻仁油
kotobank 亜麻仁油とは
雑誌で栄養士さんオススメ有機亜麻仁油
wikipedia アマ
日本アマニ協会
わかさの秘密亜麻仁油(あまにゆ)
ニップンのアマニ情報
LBR 飲む美容液亜麻仁油使わないの?
亜麻仁油
 

このページのトップヘ