亜麻仁油

亜麻仁油の情報あれこれ

タグ:オメガ3

高品質亜麻仁油 無農薬カナダ産 小ボトル

ニューサイエンス 有機亜麻仁油 カナダ産は、完全無農薬オーガニックの有機JAS農法で育てた亜麻(フラックス)の種子を、低温圧搾した未精製亜麻仁油です。未精製ですから栄養たっぷり、さらに酸化を抑えるため紫外線を防ぐ黒ボトルで遮光しました。

ニューサイエンス 有機亜麻仁油 カナダ産小ボトル


亜麻仁油の栄養

亜麻仁油の栄養素は健康に必要なEPAやDHAのもとになるオメガ3系脂肪酸の1種、αリノレン酸やビタミンA、ビタミンB、ビタミンEが豊富な油の王様とその栄養価が高く評価されています。
とくに重要な栄養素としてはオメガ3系脂肪酸の1種、αリノレン酸が豊富な事です。さらにリグナンというポリフェノールも含まれています。

亜麻仁油には栄養素が豊富ですが、ボトリングした時点で栄養が損なわれていては意味がありません。亜麻仁油は、無農薬など栽培方法をはじめ、低温圧搾で未精製、遮光ボトル入りという点が重要です。

ニューサイエンス有機亜麻仁油

ニューサイエンス 有機亜麻仁油 カナダ産の特徴

「リグナン」が豊富に含まれているため、年齢を感じ始めた中高年の女性や朝のスッキリが足りないと感じる方にもおすすめです。亜麻仁油に含まれるαリノレン酸は体内で、有名なEPAやDHAに代謝される植物性オメガ3系脂肪酸として注目されています。

有機農法・完全無農薬で育てたフラックス(亜麻)の名産地カナダ・アルバーター州のゴールデンフラックスシードを低温圧搾抽出し、未精製はもちろんのこと高級感あふれる黒ガラスボトルで紫外線を100%カットします。※Non-GMO(遺伝子組み換えでない)種子を使用。※添加物、保存料等を一切加えておりません。


「リグナン」が豊富に含まれているため、年齢を感じ始めた中高年の女性や、朝のスッキリが足りないと感じる方にもおすすめです。

カナダ産オーガニック亜麻仁油の産地

ニューサイエンス亜麻仁油の産地動画

亜麻仁油をおいしく召し上がる方法動画

ニューサイエンス亜麻仁油はドクターも愛用


※加熱しないでください。
 直接または、加熱しない料理(ドレッシング等)にお使いください。
 他にも納豆に混ぜたり、パンにつけたり(焼いたパンにつけても栄養素は失われません)
 大さじ1杯(約15ml)にオメガ3脂肪酸が約9200mg

カナダ産フラックスオイルの4つのポイント


1.低温圧搾未精製(ていおんあっさくみせいせい)
低温で圧搾されていますのでトランス脂肪酸を含みません。

2.黒ガラスボトル(遮光性)
太陽光・蛍光灯などの光から油を守ります。油は光で酸化してしまいます。

3.有機JAS認定
無農薬・有機栽培(オーガニック)で作られていますので農薬の心配がありません。

4.高リグナン含有種子使用
朝のスッキリが足りないと感じる方、年齢を感じ始めた女性にも最適です。


この小ボトルは小型のため小家族などでも余らずお使いいただけます。


【原材料】
食用フラックス(亜麻仁種子)


ニューサイエンス 有機亜麻仁油 カナダ産小ボトル


ニューサイエンス有機亜麻仁油【200ml】ニューサイエンス正規販売店
有機亜麻仁油オーガニック無農薬【200ml】正規販売店2本セット送料無料


ニューサイエンス有機亜麻仁油【200ml】ニューサイエンス正規販売楽天店


ニューサイエンス有機亜麻仁油【200ml】ニューサイエンス正規販売ヤフー店
有機亜麻仁油オーガニック無農薬【200ml】正規販売ヤフー店2本セット送料無料

有機亜麻仁油オーガニック無農薬【200ml】正規販売アマゾン店2本セット送料無料


ニューサイエンス有機亜麻仁油お得な大容量【370ml】ニューサイエンス
 

ニューサイエンス 有機亜麻仁油について
 

ニューサイエンス 亜麻仁油公式ページ

亜麻仁油とは
ニューサイエンス 亜麻仁油の詳細

正規販売店ページ

杏林予防医学研究所公式サイト

杏林予防医学研究所について

亜麻仁油 選上手なび方と食べ方


亜麻仁油
雑誌で栄養士さんオススメ有機亜麻仁油
はてなキーワード 亜麻仁油
wikipedia アマ

婦人画法掲載の亜麻仁油


新聞掲載 一流アスリートも愛用アマニ油でオメガ3脂肪酸をとる

亜麻仁油の選び方や製造について


有名アスリート、プロ野球球団、芸能人、経営者など成功者の体調管理に信頼の実績、テレビ・マスコミにも出演掲載、著作多数、栄養学第一人者、杏林予防医学研究所 山田豊文先生の検定品



ニューサイエンス 有機亜麻仁油 カナダ産小ボトル

人気の健康ムック 老けない体をつくる生活習慣に掲載の亜麻仁油

宝島ムック 老けない生活習慣
老けない体をつくる生活習慣内容
がんや糖尿病といった生活習慣病が蔓延する世の中で、健康を維持するためには毎日の生活の見直しが必須。食事はもちろん、睡眠や運動、日光を浴びるといった老けない心と体をつくる生活習慣術を身につけましょう。

山田先生おすすめの老けないための製品

P20-21
亜麻仁油でいつまでも脳を元気に


老けない体をつくる生活習慣
老けない生活習慣
  • 朝一番の日光を浴びる
  • ブルーなときは納豆を食べる
  • 朝の冷たいシャワーで細胞が活性化
  • 早歩き散歩で血流アップ
  • 鼻うがいで呼吸も楽になる
  • 歯磨き粉を使わずに歯を磨く
  • 細胞が喜ぶ自然の音を聞く ほか

  • 若返りホルモンを増やして、いつまでもハツラツ長生き!
  • 寝る前の1杯の水で脳梗塞を防ぐ!
  • 血流をよくするうつぶせ寝
  • 早歩き散歩が骨を強くする
  • ペットと暮らすと免疫力が高くなる



20万部突破! 老けない体をつくる食べ方
(2016/3/3発売)

老けない体をつくる食べ方


関連情報
山田豊文先生
杏林予防医学研究所所長。米国公益法人ライフサイエンスアカデミー理事長。あらゆる方面から細胞の環境を整えれば、誰でも健康に生きていけるという「細胞環境デザイン学」を提唱し、本来あるべき予防医学と治療医学の啓蒙や指導を行う。細胞環境デザイン学に基づく医療を提供している。主な著書に 『死ぬまで元気に生きるための七つの習慣』(山と渓谷社)、『細胞から元気になる食事』(新潮社)、『病気がイヤなら「油」を変えなさい!』(河出書房新社)など。また、医師や歯科医師を中心とした日本ミネ ラルファスティング協会を主宰し、自身の理論を啓蒙すると共に、幼児教育、医療、美容、スポーツなど、さまざまな分野でもこの理 論を展開し、各界の著名人から支持を得ている。

山田豊文先生著作
山田豊文氏の本

ファスティングとは山田式ミネラルファスティングジュースファスティングの方法

杏林予防医学研究所まごわやさしい油と健康亜麻仁油とは食事と健康
体に蓄積した有害物毛髪検査杏林予防医学研究所開発・検定サプリメント



老けない体をつくる生活習慣に掲載の有機亜麻仁油

小食や亜麻仁油など生活習慣病改善と毎日が発見掲載の健康情報

毎日が発見2016年1月号表
100歳まで美しく強く生きる
毎日が発見2016年1月号P129 (紙面から一部引用)
2016年1月号 (2015年12月28日発売)
株式会社富士山マガジンサービス


細胞の環境を整えれば、だれでも健康に生きていけるという、「細胞環境デザイン学」を提唱する、杏林予防医学研究所の山田豊文さん。高血圧や糖尿病などの生活習慣病はお金をかけないで治せる、とのこと。ポイントとなる摂るべき食材、油、治癒力を高める方法を伺いました。

一流アスリートや著名人の健康管理をされている方です。この雑誌の記事では山田先生がが提唱する「細胞環境デザイン学」の9つのメソッド(断食を中心に、水、光、呼吸、空気、食べ物、脳、心、休息、運動)が紹介されています

病院や薬に依存しないために

小食習慣始めよう


毎日が発見1月号

急騰する戦後日本の国民医療費 平成26年度は約40兆円
国民1人当たりの医療費は約31万4,000円で過去最高


急騰する医療費生活習慣病は病院や薬では改善しない
細胞の治癒力を最大限に発揮させて
現代の生活習慣病を改善しよう

断食前後の小川直也さん 体重130Kg
柔道家時代の小川選手 体重115Kg
エピソードなども交えて楽しくお読みいただける内容となっております。
詳細はにつきましてはぜひ毎日が発見2016年1月号をお読みください。

空腹のメリット

  • 血糖値が安定する
  • 胃や腸など消化器官の負担を軽減
  • 消化吸収能力が向上する
  • 夜、良質な睡眠が確保できる
  • 食事からの有害物質の摂取が減る
  • 長寿遺伝子のスイッチが入る
  • 脂肪を脳で使えるエネルギーに変える
  • 集中力が高まり、頭が良くなる


特に大切なのは食事。
ポイントは少食、適度な運動、油の取り方

亜麻仁油

紙面で山田先生お勧めの油として掲載
亜麻仁油でオメガ3を摂取
ニュージーランド産有機亜麻仁油
有機無農薬で育てられた亜麻の種子を低温圧搾抽出した無精製の亜麻仁油。

毎日が発見とは
毎日が発見2016年1月号表
100歳まで美しく、強く生きる。60代からのあなたの生き方が日本を支えます。
【1. からだとともに生きる】新しくなる『毎日が発見』は私たちの年齢の重ね方を話し合い、ときに笑いとばし、面白がりながら、新しい“高齢者”になってみようという雑誌です。
【2.あたまを使う、勉強する】若いときには気がつかなかったことが、やっとわかる。若い人から見たらただの中高年も、私たち同世代には一人ひとりの個性と発見がはっきりと見てとれます。そこを応援しあい喜びあいたいのです。
【3.こころをつなげて生きる】誰かがあなたを見つめ励まし、あなたが誰かを応援する。そんな初めての雑誌に、『毎日が発見』がなるように、ぜひ、あなたも参加、体験、発信してください。


毎日が発見公式サイトはこちら


杏林予防医学研究所山田豊文氏

紙面で山田先生お勧めの油として掲載

ニュージーランド産有機亜麻仁油
このオーガニック有機亜麻仁油は、大自然で育った亜麻仁の種子をこだわりの低温圧搾した無農薬有機栽培のフレッシュな亜麻仁油です亜麻仁油としてはとても飲みやすいのが特徴です。
ニュージーランド産有機亜麻仁油

亜麻仁油とは
安心亜麻仁油の選び方

小川選手が実施した家庭でもできる断食法山田式ファスティングや関連情報

ファスティングとは
ファスティング効果
ファスティング体験記
ファスティングガイドブックファスティングの方法
夫婦で楽しむ、ファスティング入門

はるな愛さんお腹ぺたんこのファスティング酵素ドリンク


デトックスや脂肪燃焼などファスティングがもたらすメリットが雑誌掲載 小食や亜麻仁油など生活習慣病改善と毎日が発見掲載の健康情報

ブログネタ
癒し・美しく に参加中!

製造方法による良い亜麻仁油の選び方

話題の美容アンチエイジング健康オイル、亜麻仁油はテレビや雑誌でもその効果が報道されて人気が広まっていますが、デリケートな製品のため亜麻仁油の選び方が重要になってきます。油が酸化してたりすると逆効果ですから安心できる製法で作られた亜麻仁油を選びましょう。

まず一般的な油の製造工程を紹介します。

油の製法その1
油の製造方法
圧搾・抽出・脱ガム・脱酸


油の製法その2
油の製法
脱色・脱ロウ・脱臭・充填

一般的なオイルはこのような工程で製造されます。高温で種子を膨張させたり、溶剤抽出で抽出するとより多く油が取れるので企業は喜ぶのです。しかし温度が最大200℃まで温度が上がるためトランス脂肪酸が発生します。また化学溶剤のノルマルヘキサンをはじめ、リン酸、シュウ酸などを使用しますし、ビタミンEなどの栄養素も減少しますから、美容健康に好ましくない油になってしまいます。
とくに油を高温抽出や化学溶剤抽出を行うと脂肪酸は安全なシス型から有害なトランス型(トランス脂肪酸)に変化してしまうので注意が必要です。

次に亜麻仁油の製造方法です。

亜麻仁油の製造方法

亜麻仁油には大まかに2種類の製造法があります。それは圧搾後に脱酸、脱色、脱ロウ、脱臭、精製などを行った亜麻仁油と、圧搾後に未精製の亜麻仁油です。

原料は亜麻仁種子の一番絞りの油であっても、脱酸、脱色、脱ロウ、脱臭などの過程を通した亜麻仁油は、果たして本来の栄養を保てているのでしょうか。疑問が残ります。亜麻仁油の栄養をできるだけ摂取するのに一番良いのは、そのままの油を摂取することです。それには亜麻仁種子を搾って未精製でそのままを製品化することなのです。


高品質な亜麻仁油の製法
未精製の亜麻仁油 製造方法
とくにポイントは未精製です。コールドプレス(低温圧搾)で搾油した後に、脱酸、脱色、脱ロウ、脱臭などを行わずとも、精製をかけている商品もあるためです。精製されてしまった亜麻仁油は味も薄く、匂いも無く、色も透明に近くなります。食べやすさが重視され、安全性や栄養素の観点が犠牲にされている可能性があります。

精製などを行った亜麻仁油と、圧搾後に未精製の亜麻仁油
精製と未精製の亜麻仁油

しかし、脱酸、脱色、脱ロウ、脱臭、精製をかけてしまった亜麻仁油をどうやって見分けたらよいのでしょうか。ほとんどのボトルには記載されていません。
この製造方法から亜麻仁油を選ぶ方法としては、低温圧搾で未精製の亜麻仁油を選ぶと良いでしょう。未精製の亜麻仁油は、精製だけではなく脱酸、脱色、脱ロウ、脱臭もしていません。

亜麻仁油は未精製の製品を選びましょう。また、圧搾が低温であることやトランス脂肪酸を含まないことを明記してある製品のほうがより安心です。


亜麻仁油情報 


亜麻仁油
雑誌で栄養士さんオススメ有機亜麻仁油
はてなキーワード 亜麻仁油

無農薬 未精製カナダ産亜麻仁油 正規販売店
無農薬 未精製カナダ産亜麻仁油 楽天正規販売店

wikipedia アマ
日本アマニ協会
亜麻仁油

有機亜麻仁油 未精製 ニュージーランド産 正規販売店
有機亜麻仁油ニュージーランド産 未精製 楽天正規販売店


医師がテレビ番組でおすすめ 亜麻仁油 選び方と食べ方

ブログネタ
健康食品やサプリメントを摂っていますか? に参加中!

一流アスリートも愛用アマニ油でオメガ3脂肪酸をとる

10/31掲載 朝日新聞 元気のひけつから一部引用


最近、スーパーマーケットで売られているのをよく見かける「アマニ油」。昨年、サッカーのワールドカップブラジル大会直前に、日本代表選手の食卓をのぞいた時にもありました。成分に含まれる「オメガ3脂肪酸」を摂取するためだそうです。アマニ油にどんな効果があるのか、注目してみました。
一流アスリートも愛用アマニ油でオメガ3脂肪酸をとる
サッカー日本代表は野菜サラダにかけて食べる。代表の専属料理人である西芳照シェフは「アマニ油に含まれるオメガ3が体にいい」と薦める。スポーツ界ではプロ野球選手、プロゴルファー、陸上選手にも広がっている。奥山治美・名古屋市立大名誉教授(脂質栄養生化学)は「他の食用油と比べて融点が低く、他の脂肪酸に優先して熱やエネルギーに変換されるので、脂肪として体に貯蓄されにくい」と特性を説明する。体脂肪を増やしたくないスポーツ選手に効果的なだけでなく、糖尿病の予防にもいいという。
(中略)

厚生労働省が策定する「日本人の食事摂取基準(2015年版)」では、健康の保持・増進のために、オメガ3脂肪酸を成人1人あたり1日約2グラム取ることを勧めている。アマニ油なら小さじ1杯(4.6グラム)で1日相当分をとれるという。奥山名誉教授は「菜種・大豆などの油の代わりに、アマニ油を増やすことが大事になる」と語る。効能として、「動脈硬化や心臓病の予防になるという研究報告が一部で出ている」。

記事全文はこちら
一流アスリートも愛用アマニ油でオメガ3脂肪酸をとる

日本人の食事摂取基準(2015年版)

亜麻仁油の栄養

亜麻仁油の栄養素は健康に必要なEPAやDHAのもとになるオメガ3系脂肪酸の1種、αリノレン酸やビタミンA、ビタミンB、ビタミンEが豊富な油の王様とその栄養価が高く評価されています。とくに重要な栄養素としてはオメガ3系脂肪酸の1種、αリノレン酸が豊富な事です。さらに未精製の高品質な亜麻仁油にはリグナンというポリフェノールも含まれています。

亜麻仁油情報 

「駆け込みドクター!」特集「認知症最前線スペシャル」で認知症予防に医師もお勧め亜麻仁油

亜麻仁油 選上手なび方と食べ方


亜麻仁油
雑誌で栄養士さんオススメ有機亜麻仁油
はてなキーワード 亜麻仁油
wikipedia アマ

婦人画法掲載の亜麻仁油


このページのトップヘ