亜麻仁油

亜麻仁油の情報あれこれ

タグ:温活

亜麻仁油と冷え性対策 予防医学の第一人者が教えてくれる温活生活


さまざまな健康効果で人気の亜麻仁油ですが、冷え性対策にも役立つと記事が掲載されました。
記事2ページ分を詳しくご紹介
ベジタブル&オーガニックライフ情報誌veggy(ベジィ)
ベジタブル&オーガニック情報誌veggy

雑誌veggy vol.49 2016年12月号に掲載された亜麻仁油が体を冷えから救うなどの山田豊文先生の記事をご紹介
亜麻仁油の選び方や製造について


冷え性による血行不良は、免疫力の低下を引き起こして、やがてはガンなどの病気につながります。全身を元気にする食習慣や生活習慣について、アスリートをはじめとする各界の著名人の健康アドバイスを幅広く行っている、山田豊文先生に教えていただきました。


veggy-49号 P16 12月号
低体温は病気が起きる前のサイン

吉良 「冷え性」といえば、昔は女性特有のイメージでしたが、近頃では、男性でも冷えに悩む人が増えてきました。真冬になると、スーツの下にスパッツを履いて防寒している方もいらっしゃるそうです。ただし、本来は身体の外側からではなくて、内側から「熱」となるようなエネルギーを出していくべきだと思いますが、先生はどう思われますか?

山田 もちろん、私もそうするべきだと思います。身体で熱を作って冷えを予防・克服していくためには、まずは正しい食事を摂ることが基本中の基本です。また、その他にも、質のよい睡眠や適度な運動など、人生の土台となるライフスタイルを見直さなければなりません。人の身体は、「体温が1℃下がれば、免疫力が3割低下する」といわれていますから、病気予防のために「脱・冷え性」がポイントになります。

吉良 今は、学校でも子どもたちの低体温が問題になっています。昔から「冷えは万病のもと」と言われますが、身体にとって体温を維持することはどれほ
ど重要なのでしょうか?

山田 私たちの身体には、外気の温度変化に関わらず、体温などを一定に保つ「ホメオスタシス」(恒常性)という仕組みが備わっています。このホメオスタシスのおかげで体温は約36.5℃に維持されているわけですが、これより低い状態が続くと、全身の細胞内での化学反応、つまり「代謝」がスムーズに行われなくなります。また、免疫を司る白血球も細胞ですから、白血球の活動が弱まることで免疫力が低下して、さまざまな病気を引き起こす要因にもなります。近年になって、子どもの低体温が目立つようになってきたのは、まさに身体の細胞が異常をきたしていて、エネルギーを正しく作り出せなくなっている証拠です。


血管専門医もおすすめ亜麻仁油・オメガ3効果
亜麻仁油
亜麻仁油 選び方と食べ方
婦人画法掲載の亜麻仁油
亜麻仁油 好評の健康オイル おいしい食べ方 動画
「駆け込みドクター!」特集「認知症最前線スペシャル」で認知症予防に医師もお勧め亜麻仁油


背筋をまっすぐに伸ばせば温まってぽかぽかに

山田 みなさんの細胞のはたらきが正常かどうか、ここで簡単なテストを行ってみましょう。まずは、両足を肩幅に開いて、両腕を肩と水平の位置にまで持ち上げます。それから、目を閉じたままで両方の人差し指を近づけていきましょう。指がピタリとつけば問題ありませんが、ずれたり、すれ違ったりした時には、脳の出した指令が上手く行き届いていません。

吉良 なぜ、そんなことが起きてしまうのでしょうか。

山田 指先の筋肉を正しく動かせるかどうかは、姿勢と深い関係があります。江戸時代の人々は、一俵60kgのお米を何個も同時に持ち上げることができました。元々、一俵の重さが60kgと定められたのは、「女性が簡単に持ち上げられる重さだから」と書かれている文献も残っています。ですが、それは単に腕の力が強かったから持ち上げることができたわけではありません。昔の人々は、今よりもはるかに身体の姿勢とバランス感覚が優れていました。それが、現代風のライフスタイルで生きている我々との大きな違いです。


吉良 言われてみれば、祖父母の年代の方々は、いつも「姿勢を正しなさい」と言って、子どもたちを躾けていました。今では、そんな方も少なくなってしまいましたが。

続きはこちら記事2ページ分を詳しくご紹介

雑誌veggy vol.49 2016年12月号に掲載
亜麻仁油が体を冷えから救うなどの山田豊文先生の記事


veggy49


veggy vol.49 2016年12月号
ベジタブル&オーガニックライフ情報誌
veggy ベジィ

veggy vol.49 2016年12月号公式サイトはこちら
veggy公式オンラインはこちら
veggy編集ブログ
出版社:キラジェンヌ株式会社

雑誌ご購入はこちら
veggy ベジィ vol.49 2016年12月号



ニュージーランド産有機亜麻仁油
オメガ3豊富なveggy掲載のニューサイエンス 有機亜麻仁油ニュージーランド産



関連情報
吉良さおりSaori Kira
日本初のベジタリアンマガジン『veggy(ベジィ)』編集長。国際食学協会・名誉理事長。3児の母。20代前半をイギリス、フランスで過ごした事で、プラントベース(食事)&ホリスティックあライフスタイルを始める。

山田豊文Toyofumi Yamada
杏林予防医学研究所所長。「細胞環境デザイン学」を独自に提唱し、「杏林アカデミー」(2013年開校)や「アカサカフロイデクリニック」(2015年開院/武井みずほ院長)を通じて、本来あるべき予防医学と治療医学の啓蒙や指導を行う。近著に『死ぬまで元気に生きるための七つの習慣』(山と渓谷社)など。杏林予防医学研究所ホームページ


ニュージーランド産有機亜麻仁油
オメガ3豊富なveggy掲載のニューサイエンス 有機亜麻仁油ニュージーランド産

産地紹介やおいしい上手な摂取方法などもございます。

亜麻仁油の選び方や製造について


血管専門医もおすすめ亜麻仁油・オメガ3効果
亜麻仁油
婦人画法掲載の亜麻仁油
亜麻仁油 好評の健康オイル おいしい食べ方 動画
「駆け込みドクター!」特集「認知症最前線スペシャル」で認知症予防に医師もお勧め亜麻仁油

有機亜麻仁油が雑冷えから救う救世主 温活に役立つと雑誌掲載

ベジタブル&オーガニックライフ情報誌veggy(ベジィ)
ベジタブル&オーガニック情報誌veggy

画像クリックで拡大
2016年11月10日発売
出版社:キラジェンヌ株式会社



予防医学の第一人者山田豊文先生が教えてくれる温活生活
veggy ベジィ vol.49 2016年12月号 (紙面から一部引用)
冷え取り 自癒力アップ 温活ライフ

温活に役立つ 昔ながらの食習慣とライフスタイルの見直し

veggy 編集長の吉良さおりさんと山田先生の対談形式です。

冷え性による血行不良は、免疫力の低下を引き起こして、やがてはガンなどの病気につながります。全身を元気にする食習慣や生活習慣について、アスリートをはじめとする各界の著名人の健康アドバイスを幅広く行っている、山田豊文先生に教えていただきました。


veggy-49号 P16 12月号

吉良さおり
日本初のベジタリアンマガジン『veggy(ベジィ)』編集長。国際食学協会・名誉理事長。3児の母。20代前半をイギリス、フランスで過ごした事で、プラントベース(食事)&ホリスティックやライフスタイルを始める。

山田豊文
杏林予防医学研究所所長。「細胞環境デザイン学」を独自に提唱。本来あるべき予防医学と治療医学の啓蒙や指導を行う。近著に『死ぬまで元気に生きるための七つの習慣』(山と渓谷社)など。
杏林予防医学研究所ホームページ

veggy-49号 P17

低体温は病気が起きる前のサイン
背筋をまっすぐに伸ばせば温まってぽかぽかに


亜麻仁油はカラダを冷えから救う救世主

と紙面にて紹介されています。

ニュージーランド産有機亜麻仁油
山田豊文先生が推奨する亜麻仁油
veggy掲載のニューサイエンス 有機亜麻仁油ニュージーランド産


産地紹介やおいしい上手な摂取方法などもございます。
亜麻仁油の選び方



詳細はにつきましてはぜひ veggy vol.49 2016年12月号をお読みください。
ベジタブル&オーガニックライフ情報誌
veggy ベジィ
veggy49

veggy vol.49 2016年12月号公式サイトはこちら
veggy公式オンラインはこちら
veggy編集ブログ


雑誌ご購入はこちら
veggy ベジィ vol.49 2016年12月号



関連情報


ニュージーランド産有機亜麻仁油
山田豊文先生が推奨する亜麻仁油
veggy掲載のニューサイエンス 有機亜麻仁油ニュージーランド産


亜麻仁油はカラダを冷えから救う救世主

産地紹介やおいしい上手な摂取方法などもございます。
亜麻仁油の選び方

有機亜麻仁油が雑冷えから救う救世主 温活に役立つと雑誌掲載

このページのトップヘ